2012年12月12日

枚数

とんでもなく高額なチケットを数えるときに使います。

そのチケットは、通常のFX業者であれば1枚で80万〜120万円くらいです。
MT4の取り扱い業者だと、1枚800万円〜1,200万円くらいになります。

つまりこれはどういうことかというと、1万通貨単位のことを1枚と数えることが多いのです。ロットという表現もしたりします。
でもなぜか、MT4のときは10万通貨を1枚(1ロットと呼んでいたりします。

なので、某MT4業者では13ロットで5650円キャッシュバック!というキャンペーンをやっていますが、つまりこれは13万通貨ではなく130万通貨という初心者には無理ゲーな条件なので気をつけましょう。

参考:ロット
タグ:FX 用語
posted by しがないあらさー at 00:46 | Comment(0) | ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デイトレード

地獄への入り口。素人にはオススメできません。

一日単位でエントリー、イクジットを行うような投資スタイルであり、通貨にもよりますが、数10pips程度の利益で確定させます。つまり、枚数を大きくすることで利益を大きくさせる傾向が出てきます。

すなわち、利益の幅に対してスプレッドが占める割合が大きくなってしまうため、長期投資やスイングトレードと比べて利益を上げにくいトレード手法になるのです。

簡単な例で行くと、10万通貨でデイトレしたとして、10pipsの利益を確保することで1万円を得ることが出来ますが、スプレッドが1pipsであれば、マイナス1000円の状態からスタートすることになってしまうわけです。かなり厳しいですね。

つまり、

長期投資 > スイングトレード >>> デイトレード >>>(越えられない壁)>>> スキャルピング

の順番で初心者向きです。ラーメンで言うなら、

ふつう > かため >>> ハリガネ >>>>>> 粉おとし

くらいのイメージです。
ちなみに僕はスイングトレード派ですが粉おとしも大好きです。

参考:長期投資、スイングトレード、スキャルピング
タグ:FX 用語
posted by しがないあらさー at 00:33 | Comment(0) | た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月11日

約定

注文が通ること。

「やくてい」ではなく「やくじょう」が正しいので、やくていやくてい言うと恥をかくので気をつけましょう。

注文の形式には以下のものがあります。
・成行注文:その場で注文が約定します。
・指値注文:あらかじめ決めた条件を満たすと約定します。指値注文には更に指値/逆指値/OCO/IFD/IFOなどいろいろな注文形式に分化しますが、基本的には条件を満たせば約定となります。
タグ:FX 用語
posted by しがないあらさー at 01:13 | Comment(0) | や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。