2012年12月12日

クロス円

ドルストレートの項で少し触れていますが、要は”〜/JPY”で表される通貨ペアをクロス円と呼びます。

クロス円のいやらしいところは、単純に円で買う(売る)対象の通貨だけでなく、米ドルの調子にも影響されるというところにあります。
これは以下のクロス円の計算の仕方を見てもらえれば一目瞭然です。

<クロス円の計算の仕方>
・XXX/JPYの場合、「XXX/USD × USD/JPY」で導き出すことが出来ます。
 単純に分数の計算をするイメージでよいかと思います。
 ※XXX/USD × USD/JPY = (XXX × USD)/(USD × JPY) = XXX/JPY
・たとえば、ユーロ米ドルが1.300、米ドル円が82円の場合、
 1.300(ドル) × 82(円) = 106.6円 がユーロ円として導けるわけです。

・・・とまあ述べてきましたが、実際問題は単純にそのときの通貨の強弱比較によって左右されるだけなので、あまりクロス円だからどうとかは難しく考えなくていいと思います。
#ユーロドルが上昇してドル円が下落したのでユーロ円は動かない、というようなケースについては、
 単純に「ユーロ=円>ドル」の関係が成り立っていた、と言うだけのことですよね。

参考:ドルストレート
タグ:FX 用語
【か行の最新記事】
posted by しがないあらさー at 02:55 | Comment(0) | か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドルストレート

アメリカ人の傲慢を象徴するような表現です。

要は”〜/USD”で表される通貨ペアをドルストレートと呼びます。
ロングならドルを売って何か(たとえばユーロ)を買うというイメージです。

ドルは基軸通貨なので、ドルと直接取引きするからストレートと言うわけです。
同じような用語でクロス円という表現がありますが、これは”〜/JPY”で表される通貨ペアと言うわけですね。

なぜクロスと呼ぶかというと、たとえばユーロ円(EUR/JPY)の例で言うならば、
円を売ってユーロを買うと言うのではなく、円を一旦ドルに変えてからユーロに変えるというイメージで取引がされるからと言うことですね。
ここでドルをクロスするからクロス円という表現がされるわけです。天下の米ドル様のお伺いを立てないと、円を別の通貨に変えることも出来ないわけですね。

傾向的には、クロス円よりドルストレートの方がテクニカル指標を適用しやすいと言われています。
何故かと言うと、クロス円は上記の説明の通り3通貨間(JPY+USD+EUR(など))の取引になるので、2通貨の取引であるところのドルストレートよりも若干入り組んだ動きになるというように言われているからですね。

まずはドルストレートからはじめよう!

参考:クロス円
タグ:FX 用語
posted by しがないあらさー at 02:37 | Comment(0) | た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロット

伝説の勇者ではありません。

枚数と同義です。大体1万通貨のことを1ロットと呼びます。
おそらくは、昔は基本的に1万通貨がベースだったからでしょうね。

最近では1000通貨を取り扱う業者も増えているので、0.1ロットというよくわからない表現になるわけです。

参考:枚数
タグ:FX 用語
posted by しがないあらさー at 00:50 | Comment(0) | ら行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。