2012年12月12日

ドルストレート

アメリカ人の傲慢を象徴するような表現です。

要は”〜/USD”で表される通貨ペアをドルストレートと呼びます。
ロングならドルを売って何か(たとえばユーロ)を買うというイメージです。

ドルは基軸通貨なので、ドルと直接取引きするからストレートと言うわけです。
同じような用語でクロス円という表現がありますが、これは”〜/JPY”で表される通貨ペアと言うわけですね。

なぜクロスと呼ぶかというと、たとえばユーロ円(EUR/JPY)の例で言うならば、
円を売ってユーロを買うと言うのではなく、円を一旦ドルに変えてからユーロに変えるというイメージで取引がされるからと言うことですね。
ここでドルをクロスするからクロス円という表現がされるわけです。天下の米ドル様のお伺いを立てないと、円を別の通貨に変えることも出来ないわけですね。

傾向的には、クロス円よりドルストレートの方がテクニカル指標を適用しやすいと言われています。
何故かと言うと、クロス円は上記の説明の通り3通貨間(JPY+USD+EUR(など))の取引になるので、2通貨の取引であるところのドルストレートよりも若干入り組んだ動きになるというように言われているからですね。

まずはドルストレートからはじめよう!

参考:クロス円
タグ:FX 用語
posted by しがないあらさー at 02:37 | Comment(0) | た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デイトレード

地獄への入り口。素人にはオススメできません。

一日単位でエントリー、イクジットを行うような投資スタイルであり、通貨にもよりますが、数10pips程度の利益で確定させます。つまり、枚数を大きくすることで利益を大きくさせる傾向が出てきます。

すなわち、利益の幅に対してスプレッドが占める割合が大きくなってしまうため、長期投資やスイングトレードと比べて利益を上げにくいトレード手法になるのです。

簡単な例で行くと、10万通貨でデイトレしたとして、10pipsの利益を確保することで1万円を得ることが出来ますが、スプレッドが1pipsであれば、マイナス1000円の状態からスタートすることになってしまうわけです。かなり厳しいですね。

つまり、

長期投資 > スイングトレード >>> デイトレード >>>(越えられない壁)>>> スキャルピング

の順番で初心者向きです。ラーメンで言うなら、

ふつう > かため >>> ハリガネ >>>>>> 粉おとし

くらいのイメージです。
ちなみに僕はスイングトレード派ですが粉おとしも大好きです。

参考:長期投資、スイングトレード、スキャルピング
タグ:FX 用語
posted by しがないあらさー at 00:33 | Comment(0) | た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。